温経湯は女性の味方!

漢方

温経湯ってどんな漢方薬?副作用は?温経湯に関する疑問を漢方の専門家がお答えします!

「温経湯をすすめられたけどどんな漢方薬だろう?」

 

「温経湯を飲んでから調子がいいんですよ~」「温経湯を飲んでから調子が悪く掌…」

 

そんなあなたに読んでほしいです!

こんな方におすすめ

  • 温経湯を飲んでいるあなた
  • これから温経湯を飲もうか悩んでいるあなた
  • 不妊症をはじめ女性のお悩みを解消したいあなた

 

温経湯は婦人科でよく使われる漢方薬です

まずはツムラの添付文書を確認してみましょう。

 

手足がほてり、唇がかわくものの次の諸症: 月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、不眠、神経症、湿疹、足腰の冷え、しもやけ

ツムラ温経湯エキス顆粒より

 

見ていただくと基本的に女性用の漢方薬と思ってもらう方がいいかもしれませんね。

 

ポイントとしては手足がほてり、唇がかわくということが体質としてあれば温経湯を使う可能性が出てきます。

 

温経湯は五大婦人科漢方薬の一つです。

温経湯以外のものは下のリンクから飛んでください。

妊娠中でも漢方薬は使えます。
当帰芍薬散が合う人、合わない人ってどんな人??

「当帰芍薬散がいいって聞いたけどどうなんでしょう?」   「生理時に体がだるいなぁ・・・」   そんな女性のあなたに是非読んでいただきたい、当帰芍薬散ってどんな漢方薬でしょうか? ...

続きを見る

便秘
桂枝茯苓丸の注意点や合わない人は?漢方の専門家がお答えします。

「桂枝茯苓丸を飲んでいるけど大丈夫かな??」   「生理の時に塊のようなものが出たり、色が悪い気がします…」   そのようなことでお困りではありませんか?   今回は五大 ...

続きを見る

桃核承気湯は我慢できない生理痛にいいかも!?
生理の前日から不調が!便秘もするんです…そんなあなたに桃核承気湯!(漢方 61)

「あぁ、また辛い時期が近づいてきた…」 「お腹もいたいし、便秘気味なんですよね…」 そのようなことでお悩みではありませんか? 激しい生理痛なら一度「桃核承気湯」を試してみるのはいかがでしょうか? ☆他 ...

続きを見る

加味逍遙散が合わないかも?
加味逍遙散ってどんな漢方??効果はいつ出るのか、副作用は??

「知り合いに勧められたけど私に合うかな?」   「漢方薬も副作用があるって聞いたけど大丈夫かな?」   「効果っていつから出るんだろう??」   加味逍遙散(カミショウヨ ...

続きを見る

温経湯は血流が悪く、血の量が少ない。やや乾燥ぎみで少しだけ冷えやすい体質に合います。

 

漢方薬を詳しく知るには生薬構成を見るのが一番です。

 

麦門冬(バクモンドウ)

半夏(ハンゲ)

当帰(トウキ)

芍薬(シャクヤク)

川芎(センキュウ)

阿膠(アキョウ)

甘草(カンゾウ)

桂皮(ケイヒ)

人参(ニンジン)

牡丹皮(ボタンピ)

呉茱萸(ゴシュユ)

生姜(ショウキョウ)

 

まず漢方薬はどのような方向性を持っているか?というのが重要になります。

 

温経湯に関しては女性に使われる漢方薬です。

 

それは当帰、芍薬、川芎、阿膠の補血剤と牡丹皮の駆瘀血剤が入っています

 

ですから血流を良くする作用を少し持ちながら血を増やす事も可能な漢方薬です。

 

また、麦門冬、人参の組み合わせは体を潤す働きを持ち、呉茱萸、生姜は体を温めます。

 

温経湯が合う人は血流は少し悪いが補血する必要もある。また、体は乾燥ぎみの体質で冷えている方に適するといえます。

 

「ええ~!さっき手足がほてるって書いてたじゃん!」と思いましたよね?

 

温経湯は体質としてはやや虚弱な人に使います。

 

完璧に虚弱な人ではありません。少しだけ虚弱なんです。こういう人は虚熱(きょねつ)と言って熱を出すことがあります。

 

この虚熱がある状態というのが温経湯で言う所の「手足がほてる」という症状になります。

 

このタイプは本来体が冷えています。ですからとりあえずほてるから冷やしたらええねん理論で行くと大変な目に合います。

 

そして、逆に体の芯から冷えてます!っていう方には温経湯は使いません。

 

体の芯から冷えていると先ほど話で出た虚熱というものがありません。

 

ですから、体全部が熱いわけではない、そして体の芯から冷えているわけでもない。というのが温経湯を詳しく見ていくときのポイントになります。

 

この辺は素人判断では難しいかもしれませんね。

 

温経湯の副作用は太る?むくむ?不正出血が起こる??

 

温経湯で太る?むくむ??

 

温経湯の中には甘草がという生薬が含まれています。この生薬は体の中のカリウムが少なくなってしまいその結果むくむ人が増えます。

 

むくんだ結果太ったように感じる人もいますので、むくんだ場合は処方元の先生や調剤された薬剤師さんに相談してください。

 

自己判断で飲んでいる場合は飲むのを止めましょう。

 

また、甘草の質で浮腫まなかったりする場合もあるし、普段から野菜を多くとっている食事をしているからは浮腫まない場合もありますから、普段の食事を見直してみるのも一つです。

 

温経湯で不正出血がおきる??

 

温経湯自体は不正出血によく使われる漢方薬です。

 

ですから、漢方薬や処方薬のせいなのか、それとも病状が悪化したのかを考えないといけません。

 

この辺の判断は処方元の先生にご相談ください。

 

温経湯は不正出血に使われる漢方薬ですが、その理由は阿膠が入っているためです。

 

この阿膠が止血作用があるといわれています。

 

ただ、エキス顆粒の場合はその力が弱い可能性があります。

 

とある漢方薬局や漢方クリニックでは阿膠を別で渡して飲んでもらうこともあるそうです。

 

また、阿膠に関してはメーカーによってはゼラチンを使っているところもありますから、買う前に成分で阿膠を使っているかどうかチェックしましょう。

 

基本的に阿膠は高価な生薬になりますから、安いメーカーは気をつけたほうがいいです。

 

煎じ薬だと阿膠を後で入れるので阿膠の質をその目で確認できるからオススメです。

 

温経湯は妊娠する?不妊症によく使われる漢方薬です

 

基本的に女性の基礎体温を調えるのが漢方による不妊症、子宝への治療になります。

 

女性ホルモンは漢方の考えから言うと「血(ケツ)」が影響している場合が多いです。

 

その中で温経湯は血流の悪さがあり、血も少ない方に合う処方になります。

 

女性は黄帝内経素問(漢方の古典)に28歳ぐらいまでが血の量としては一番良く、35から血が少しずつ減っていくような記載があります。

 

ですから、元来血流が悪い人が年を重ねるとともに血の量が減っていきます。

 

そのような方に温経湯は合う場合が多いです。

 

具体的には35歳を超えている方には選択肢の一つとして出てきます。

 

ですが、温経湯以外にも不妊症の漢方薬はありますから、どれが一番体質に合っているか?というのを漢方専門家は考えてご提案しています。

 

温経湯を不妊症に使う時の注意点

 

温経湯は弱いとはいえ駆瘀血剤の漢方薬のグループになります。

 

妊娠が分かった場合はすぐにやめましょう。(先生から処方された場合は続けてよいかどうかを先生に確認してくださいね。)

 

温経湯は更年期にも使う??

 

結論から言えば症状と体質が合えば温経湯は更年期障害に使います。

 

先ほども言いましたが血流は悪いが血の量も少ない、乾燥ぎみで軽い冷えを感じやすい方に合うのでそのような方で更年期障害のような症状があれば選択肢の一つとして考えます。

 

ですが、更年期障害の漢方薬って他にも種類があります。

 

どれが合うかはお話を聞いてみないとわからないんので漢方の専門家に御相談ください。

 

温経湯と当帰芍薬散、桂枝茯苓丸と加味逍遙散を比較!

 

温経湯は血流が悪く、血も少ない、乾燥ぎみの体質で少し冷えを感じる方に使う漢方薬です。

 

桂枝茯苓丸は血流が悪く、気が上にのぼる方に使う漢方薬です。

 

当帰芍薬散は血が少なく、水が余っている人に使う漢方薬です。

 

加味逍遙散は血流が悪く様々な症状を訴える人に使う漢方薬です。

 

見ていただくとそれぞれ適応する体質が違います

 

上記の話でもかなり簡略化していてホントはもっと深い話もあります。

 

ですから、素人判断はせず漢方の専門家に相談するのが一番です。

 

それぞれに対して詳しく解説しているページがありますので是非見ていってください。

便秘
桂枝茯苓丸の注意点や合わない人は?漢方の専門家がお答えします。

「桂枝茯苓丸を飲んでいるけど大丈夫かな??」   「生理の時に塊のようなものが出たり、色が悪い気がします…」   そのようなことでお困りではありませんか?   今回は五大 ...

続きを見る

妊娠中でも漢方薬は使えます。
当帰芍薬散が合う人、合わない人ってどんな人??

「当帰芍薬散がいいって聞いたけどどうなんでしょう?」   「生理時に体がだるいなぁ・・・」   そんな女性のあなたに是非読んでいただきたい、当帰芍薬散ってどんな漢方薬でしょうか? ...

続きを見る

加味逍遙散が合わないかも?
加味逍遙散ってどんな漢方??効果はいつ出るのか、副作用は??

「知り合いに勧められたけど私に合うかな?」   「漢方薬も副作用があるって聞いたけど大丈夫かな?」   「効果っていつから出るんだろう??」   加味逍遙散(カミショウヨ ...

続きを見る

 

温経湯は煎じ薬が一番オススメ!だけど高いので阿膠が使われているか成分は見ましょう。

 

温経湯は阿膠という生薬が一番ポイントになります

 

この阿膠というのは生薬の中では高級品です。日本ではこの阿膠の代用品としてゼラチンを使用しても良い。と言われています。

 

ですから、粉薬の漢方を買う時は少し高めの物を買った方が阿膠がちゃんと使われている場合が多いです。

 

悪徳なお店だと異常に高く設定している場合もあります。ですから信用できるお店や漢方の専門店として標ぼうしているところで買われるのがよいです。

 

また、煎じ薬の場合ですと生薬の見た目がそのまま見れるので大変おススメです。

 

そのかわり阿膠は値段が高い生薬になりますから本格派のお店だとちょっとびっくりする値段に見えるかもしれません。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

あなたに温経湯、あいそうですか?あわなさそうですか?

 

飲んでみたいな~って思われたら漢方専門店にご相談くださいね。

無料漢方相談はこちらから

 

神皇漢方薬局の漢方治療への3つのこだわり

 

漢方薬を飲んで健康になる。その為に三つの事を重要視しております。

 

①漢方薬・生薬の質を厳選しております。

 

漢方薬は何処で飲んでも同じか?という質問に私はNO!と答えます

 

何故なら元は自然に存在するものです。

 

ですから材料の質、と製法というものは漢方薬に影響を及ぼします。

 

あなたはカレーを食べる時にヒョロヒョロっとした人参やジャガイモが入ったカレーを食べたいですか?

 

どうせ食べるなら具が大きなカレーを食べたくないですか?

 

漢方薬も同じです。

 

材料の違いが味や風味の違いにつながっていきます。

 

生薬メーカーを厳選しておりますし、粉の漢方薬もメーカーによって違いがあります

 

粉薬においても効果の良い物をメインに取り扱っております

 

また同じ処方でも成分や製法の違いで合う人が変わってきます。

 

当店ではそのように使い分けるために同じ処方を採用している場合もあります。

 

それは一重に相談されたあなたの体質に一番合ったものを飲んでいただきたいと考えているからです。

 

②漢方薬について常に研鑽しております。

 

「漢方薬を飲んでも効かなかった」という経験はございませんか?

 

それは漢方薬が悪いのではなく、漢方薬を間違えているからです

 

「○○という病気にはこの漢方薬がいいよ!」というほど漢方薬は単純ではありません。

 

その為には研鑽するしかありません。

 

当店では得意分野に分かれてそれぞれの疾患について研鑽をしております。

 

③変えるべき生活習慣についてお話しております。

 

漢方薬を飲んで治った!さよなら!では結局また同じ事の繰り返しになる可能性があります。

 

ですから健康になるためのお手伝いとして、健康になるための生活習慣、養生方(ようじょうほう)についてのお話を必ずします

 

「○○を食べると今の体質に合っております。」とか「△△は控えたほうが宜しいです。」など食べ物に限らず運動の習慣などについてもお話しております。

 

生活習慣をガラッと変えるのは難しいので私たちはあなたの無理のない範囲でできる養生方をお伝えしております。

 

そうしてあなたと私たちが協力し合って健康にしていこうと考えております。

 

相談への流れ

 

当店は予約優先です。

 

風邪や急な腰痛などのパッと出た症状に関しては予約なしでも構いませんが、慢性的にお悩みな場合は予約をお願いしております。

 

予約なしで来られる場合はお待ちいただく可能性がございますのでご了承ください。

 

無料漢方相談はこちらから

 

相談担当のtwitterが出来ました!質問箱もありますので気軽に質問してね。

  • この記事を書いた人

クッキー先生

●開局40年、神皇漢方薬局の二代目相談担当 ●関西伝漢研理事長 本当に効果のある漢方薬の選び方やあなたに合わせた健康法をご提案できるように常に努力しております。

-漢方

© 2021 大阪で漢方なら神皇漢方薬局