自律神経失調と漢方治療

漢方

自律神経失調症の漢方薬とは?

自律神経失調症は漢方相談の内容として多いご病気の一つです。

 

当店でも相談件数が多いものになります。

 

自律神経失調症とはどんな病気か?

 

東洋医学の考え方としてはどうすればよいか?

 

よくつかわれる漢方薬はどのようなものが多いか?

 

一緒にみていきましょう。

 

このブログで知れる事

  • 自律神経とは自動で体のバランスを取っている神経の事
  • 自律神経失調症とはそのバランスが乱れた結果体に不調を感じる状態の事
  • 自律神経失調症は「気」というエネルギーに問題がある場合が多い。

 

(漢方についてはやく見たい!という方は目次から選んでくださいね)

 

 

自律神経自体は生きる上で自動でバランスを取っている神経の事

 

自律神経とは文字通り読むとすれば「動で体のバランスをしてくれる神経」と考えればイメージしやすいと思います。

 

たとえば心臓の拍動は意識していなくても早くなったり遅くなったりします。

 

心臓以外にも目や胃腸、膀胱や脳など様々な場所に影響を及ぼします。

 

また、自律神経を分類すると「交感神経」と「副交感神経」に分けられます。

 

交感神経は「戦うor逃げる」時に活発になる神経で副交感神経は「リラックス」時に活発になる神経です。

 

先ほどの心臓を例にするならば運動しているとき(交感神経が働く時)は全身に血液を送るため脈が速くなり、寝ようとしているとき(副交感神経が働く時)は逆に脈がゆっくりになる。

 

このように自律神経は自分の意思と関係なく、バランスを取って身体を調整しているんです。

 

自律神経失調症はバランスが乱れて体に不調が出ている状態

 

交感神経、副交感神経のバランスが乱れている状態なんです。

 

たとえば寝ようと思っていたら普通は脈拍は少なくなるのに逆に動悸がしたり・・・等

自律神経は全身に影響を与えているので乱れている時に出る症状は一部紹介しておきますが、人によってそれぞれです。

 

全身倦怠感

めまい

のぼせ

冷え性

発汗

頭痛・頭重感

動悸

息切れ

胸部圧迫感

下痢

不眠

 

自律神経失調症が厄介なのは検査で原因がわからないから

 

検査を行っても器質的な病変が見当たらない(異常がない)場合や、心理的な要因で出る症状のことをいいます。

 

たとえば動悸をしているが、心臓自体は検査しても異常なし。

ここで心臓自体に病気がないから「病気じゃないから」とか「気のせいだよ」 といわれてしまい、心に傷を負う方も多いと思います。

私が受けた相談では、「"この病気は治らないから付き合っていくしかないよ”といわれ目の前が真っ暗になりました。」といわれた経験もあるそうです。

その方は今は症状もなく元気に過ごされています。(2020/11月現在)

自律神経はどうして乱れるのか?

 

ストレスや女性ホルモン、生活習慣の乱れなどが影響しています。

 

精神的・身体的ストレス

 

人間関係や仕事のプレッシャーなどが精神的なストレスもありますし、疲労や怪我、事故、他にも光や音、温度もストレスとして感じることもあります。

 

温度だと夏場の外とエアコンの効いた部屋との気温差で疲れたりすることもあります。

 

睡眠状態の乱れ

 

昼夜逆転していたり、質の悪い睡眠をしていると良くないです。

 

理想の睡眠時間は人によって違うとのでご本人が不都合に感じないのであれば問題はないと考えています。

 

 

眠らない町とまでは言いませんが、最近スマホやパソコン、LEDライトなど昔よりも光が強いものが増えました。

 

強すぎる光というものは眠りを遠ざけます。

 

十分な睡眠がとれないと自律神経も乱れがちになっていきます。

 

女性ホルモンの関係

 

実は自律神経失調症は女性に多いといわれています。

 

女性ホルモンも体のバランスを無意識に整えていますが、ホルモンバランスが乱れると自律神経のバランスも崩れやすくなります。

 

生理前にイライラするPMS(月経前症候群)などがイメージしやすいと思います。

 

性格

 

たとえば、几帳面な性格だったり神経質な方がなりやすかったり、元々ストレスに弱い体質の方がなりやすかったり、いわゆる性格が関係していることもあります。

 

性格というのは私は重要視しております。

 

例えば、「抑肝散」という漢方薬は「肝」を「抑える」と書きます。

 

肝の高ぶりを「怒り」と考えれば、比較的に怒りっぽい人に合う場合があります。

 

当然性格だけで漢方薬が決まるわけではありませんが、関係はしているとおもわれます。

 

自律神経失調症を気血水という考えにあてはめると主に「気」

 

「気」という一言でいうなら体のエネルギーのようなものが異常を起こしているといえます。

 

気が少なければ、「気虚」といってエネルギーが不足しているため、疲れやすかったり気分が落ち込んだりします。

 

気が上に登ってくるときは「気の上衝」といってエネルギーが上につきあがってくるため、動悸を感じたり不安を感じたりします。

 

気の巡りが悪い状態を「気滞」といいまして、のどのあたりがおかしかったり、イライラしたりすっきりしなかったりします。

 

気の病にプラスして

 

「瘀血」(血の流れが悪い)

 

「血虚」(血が少ない)

 

「水毒」(体の水分代謝がうまくいかない)

 

などが絡み合って体の不調として表れています。

 

私は漢方相談するときは症状や体質からどのタイプだろうか?と考えてお話しております。

 

自律神経失調症の漢方薬の主な4種類を紹介します。

 

一般的によく使われるであろう漢方薬をご紹介いたします。

 

ですが、自律神経失調症に使われる漢方薬は数十種にも上ります。

 

「ここに書いてある症状が似ているから私に合うんだ~」と思っても合わないこともあります。

 

中々知識なしに選ぶのは難しい、それが漢方薬です。

 

加味逍遙散

 

当店では主に女性の方に使われる漢方薬と認識しています。

 

イライラしやすかったり、症状が日によって違ったりする方にはよいかもしれません。

 

中身の生薬として「牡丹皮」「山梔子」という生薬が副作用が起こりやすく、体質的に合わない人と感じる人がいる漢方薬になります。

 

桂枝加竜骨牡蠣湯

 

動悸がしたり、お手洗いの回数が多いとこの漢方薬が合うように思います

 

「柴胡加竜骨牡蠣湯」とよく比較されていますが似ているのは名前だけです。

 

「柴胡加竜骨牡蠣湯」の弱い人バージョンが「桂枝加竜骨牡蠣湯」ではありませんので、そこはご注意を

半夏厚朴湯

 

喉に違和感を感じ、気分がすっきりしない人に使われる漢方薬です。

 

当然のどの詰まり=「半夏厚朴湯」とはなりません。

 

半夏厚朴湯はお腹の水を抜く「茯苓飲」という漢方薬と混ざったものもあります。

 

「半夏厚朴湯」だけの方がいい人もいますし、逆に「茯苓飲」がないとすっきりしないという方もいらっしゃいます。

 

柴胡加竜骨牡蠣湯

 

当店では主に男性用として使っております。

 

中身の生薬に「大黄」という便通を調える生薬が入っているため、便秘気味の方にはよいかもしれません。

 

逆に下痢気味の方に使うのは少し難しいです。

 

メーカーさん違いによってこの「大黄」が入っていないものがありますのでそちらを探してみるのも良いかと思います。

 

漢方薬の事を聞くなら専門家へ

 

当店でもお話を聞いていると

 

「自己判断で漢方薬を買っても効果なかった、逆に不調になった」

 

「別の薬局や医療機関で漢方薬を勧められて飲んでいるが効果がない」

 

などの声もよく耳にします。

 

専門家にみてもらって選ぶ方がお金も時間も無駄にせず良いと思います。

 
漢方薬は漢方薬に詳しい薬局や医療機関にご相談いただくのがベストでしょう。

 

まとめ

 

自律神経失調症についてまとめます。

 

自律神経失調症についてのまとめ

  • 自律神経とは自動で体のバランスを取っている神経の事
  • 自律神経失調症とはそのバランスが乱れた結果体に不調を感じる状態の事
  • 自律神経失調症は「気」というエネルギーに問題がある場合が多い。

 

原因が見えないからこそ漢方薬という選択肢を考えてみましょう。

 

ただ、漢方薬は"薬"です。

 

自己判断で飲んで上手くいくのはなかなか難しいです。

 

お近くの漢方に詳しいクリニックや漢方薬局、薬店などにご相談いただくとあなたに合ったものをご提案いただけます。

 

気軽に相談してみましょう。  

無料漢方相談はこちらから

 

神皇漢方薬局の漢方治療への3つのこだわり

 

漢方薬を飲んで健康になる。その為に三つの事を重要視しております。

 

①漢方薬・生薬の質を厳選しております。

 

漢方薬は何処で飲んでも同じか?という質問に私はNO!と答えます

 

何故なら元は自然に存在するものです。

 

ですから材料の質、と製法というものは漢方薬に影響を及ぼします。

 

あなたはカレーを食べる時にヒョロヒョロっとした人参やジャガイモが入ったカレーを食べたいですか?

 

どうせ食べるなら具が大きなカレーを食べたくないですか?

 

漢方薬も同じです。

 

材料の違いが味や風味の違いにつながっていきます。

 

生薬メーカーを厳選しておりますし、粉の漢方薬もメーカーによって違いがあります

 

粉薬においても効果の良い物をメインに取り扱っております

 

また同じ処方でも成分や製法の違いで合う人が変わってきます。

 

当店ではそのように使い分けるために同じ処方を採用している場合もあります。

 

それは一重に相談されたあなたの体質に一番合ったものを飲んでいただきたいと考えているからです。

 

②漢方薬について常に研鑽しております。

 

「漢方薬を飲んでも効かなかった」という経験はございませんか?

 

それは漢方薬が悪いのではなく、漢方薬を間違えているからです

 

「○○という病気にはこの漢方薬がいいよ!」というほど漢方薬は単純ではありません。

 

その為には研鑽するしかありません。

 

当店では得意分野に分かれてそれぞれの疾患について研鑽をしております。

 

③変えるべき生活習慣についてお話しております。

 

漢方薬を飲んで治った!さよなら!では結局また同じ事の繰り返しになる可能性があります。

 

ですから健康になるためのお手伝いとして、健康になるための生活習慣、養生方(ようじょうほう)についてのお話を必ずします

 

「○○を食べると今の体質に合っております。」とか「△△は控えたほうが宜しいです。」など食べ物に限らず運動の習慣などについてもお話しております。

 

生活習慣をガラッと変えるのは難しいので私たちはあなたの無理のない範囲でできる養生方をお伝えしております。

 

そうしてあなたと私たちが協力し合って健康にしていこうと考えております。

 

相談への流れ

 

当店は予約優先です。

 

風邪や急な腰痛などのパッと出た症状に関しては予約なしでも構いませんが、慢性的にお悩みな場合は予約をお願いしております。

 

予約なしで来られる場合はお待ちいただく可能性がございますのでご了承ください。

 

無料漢方相談はこちらから

 

相談担当のtwitterが出来ました!質問箱もありますので気軽に質問してね。

  • この記事を書いた人

クッキー先生

●開局40年、神皇漢方薬局の二代目相談担当 ●関西伝漢研理事長 本当に効果のある漢方薬の選び方やあなたに合わせた健康法をご提案できるように常に努力しております。

-漢方

© 2021 大阪で漢方なら神皇漢方薬局