指の辛い痛み、ヘバーデン結節から解放されませんか?

漢方

ヘバーデン 漢方薬

ヘバーデン結節

 

「指の関節が出っ張って痛い!」

 

「指が痛くて瓶のふたが開けられない!」

 

「病院では治らない!って言われて悲しい…」

 

このページを見ているあなたはそのような苦い経験がありますよね?

 

漢方薬で少しでも楽にしませんか?

 

ヘバーデン結節の漢方薬は大きく分けて2種類あります!

 

ヘパーデン=○○って漢方薬が効く!

 

これぐらい単純だったらお医者さんも治りません!って言わないと思います。

 

漢方薬とは体の状況で使うものが変わってきますが私の経験では

 

1.血の巡りを調える漢方薬

 

2.関節や骨に効果をもたらす漢方薬

 

この二種類に大きく分けられます。

 

1.血の巡りを調える漢方薬がなんで効くの?

 

ヘパーデン結節で病院から「大豆イソフラボンのサプリメント」を勧められることがあります。

 

これは女性ホルモンがヘパーデン結節に関係しているのではないか?と言われているからです。

 

女性ホルモンタイプは血にはたらく漢方薬をメインに考える必要があります。

 

血流を良くするのか、それとも血を増やす方が良いのか?

 

症状やタイプによって違います。

 

大豆イソフラボンのサプリメントも漢方的には血の薬

 

女性の40代以降に多いし、エクオールサプリメントによる改善があるとも言われているようです。

 

ですが、「試してみたものの効果がないような…?」とか「下痢になりました」、「不正出血が出始めた」や「内膜症が悪化した」などの声もあります。

 

大豆イソフラボンのサプリメントも元は食事、漢方薬は私は食事に近いと思っています。

 

それは副作用が少ないから安心!って意味ではなく食事やサプリメントも使い方次第で身体の体調が整う可能性があるためです。

 

漢方薬は治療法を間違うと悪化することもあります。

 

まともな漢方家は自己判断で漢方は使わない方がいいと言っているのは合わないことによる副作用に気をつけてほしいからです。

 

2.関節や骨に効かせる漢方薬が効く理由

 

ヘバーデン結節は関節で起きているわけですから当然、関節や骨に効果をもたらすような漢方薬が良いことがあります。

 

関節痛に使う漢方薬もたくさんあります。

 

骨の代謝が悪い人に使うものもあれば炎症自体を除く漢方薬もあります。

 

他にも神経痛に使う漢方薬も選択肢としてあがってきます。

 

同じ漢方処方でも生薬の種類が変わるだけで聞く場所が変わります。

 

特に痛みの場合ですと例えば越婢加朮附湯は関節の痛みに使われますが、

 

"朮"という生薬には白朮(ビャクジュツ)と蒼朮(ソウジュツ)があります。

 

関節に使いたいときは蒼朮の方でないと効果は弱いです。

 

実際のところヘバーデン結節で漢方薬を試すのってどうなの??

 

よくある質問をご紹介します。

 

結局のところ治る?

タイプや状況によりますが、痛みは緩和される方が多いです。

 

関節の変形も早い時期であれば可能性はありますが、先ずは痛みを改善するところから始めましょう。

 

母がリウマチになった経緯はあるけど、心配です。

 

リウマチとヘパーデンは関係ありません。全く別物です。

 

リウマチは自分の免疫の調子が悪くなり起こる病です。

 

漢方治療でも全く違う事を行います。

 

○○という薬やサプリメントを飲んでいるけどいい?

 

お薬に関しては処方されている先生がいるなら先生にご相談ください。

 

こちらから処方されたお薬を飲まないでという事は一切ありません。

 

自己判断で始めた痛み止めの薬やサプリメントに関しては必要不必要などのお話をします。

 

治療の邪魔をしているもの以外は基本的には飲んでいただいて結構ですとお伝えする場合が多いです。

 

ヘバーデン結節の漢方治療も漢方専門家に相談するのが一番良い。

 

漢方相談する時は漢方専門家に相談することが一番。

 

ですが、漢方相談や漢方内科を掲げていても「本当に漢方知ってるの??」って思うレベルの人もたくさんいます。

 

漢方薬を飲む時は本物の漢方の専門家にご相談いただくのが一番です。

無料漢方相談はこちらから

 

神皇漢方薬局の漢方治療への3つのこだわり

 

漢方薬を飲んで健康になる。その為に三つの事を重要視しております。

 

①漢方薬・生薬の質を厳選しております。

 

漢方薬は何処で飲んでも同じか?という質問に私はNO!と答えます

 

何故なら元は自然に存在するものです。

 

ですから材料の質、と製法というものは漢方薬に影響を及ぼします。

 

あなたはカレーを食べる時にヒョロヒョロっとした人参やジャガイモが入ったカレーを食べたいですか?

 

どうせ食べるなら具が大きなカレーを食べたくないですか?

 

漢方薬も同じです。

 

材料の違いが味や風味の違いにつながっていきます。

 

生薬メーカーを厳選しておりますし、粉の漢方薬もメーカーによって違いがあります

 

粉薬においても効果の良い物をメインに取り扱っております

 

また同じ処方でも成分や製法の違いで合う人が変わってきます。

 

当店ではそのように使い分けるために同じ処方を採用している場合もあります。

 

それは一重に相談されたあなたの体質に一番合ったものを飲んでいただきたいと考えているからです。

 

②漢方薬について常に研鑽しております。

 

「漢方薬を飲んでも効かなかった」という経験はございませんか?

 

それは漢方薬が悪いのではなく、漢方薬を間違えているからです

 

「○○という病気にはこの漢方薬がいいよ!」というほど漢方薬は単純ではありません。

 

その為には研鑽するしかありません。

 

当店では得意分野に分かれてそれぞれの疾患について研鑽をしております。

 

③変えるべき生活習慣についてお話しております。

 

漢方薬を飲んで治った!さよなら!では結局また同じ事の繰り返しになる可能性があります。

 

ですから健康になるためのお手伝いとして、健康になるための生活習慣、養生方(ようじょうほう)についてのお話を必ずします

 

「○○を食べると今の体質に合っております。」とか「△△は控えたほうが宜しいです。」など食べ物に限らず運動の習慣などについてもお話しております。

 

生活習慣をガラッと変えるのは難しいので私たちはあなたの無理のない範囲でできる養生方をお伝えしております。

 

そうしてあなたと私たちが協力し合って健康にしていこうと考えております。

 

相談への流れ

 

当店は予約優先です。

 

風邪や急な腰痛などのパッと出た症状に関しては予約なしでも構いませんが、慢性的にお悩みな場合は予約をお願いしております。

 

予約なしで来られる場合はお待ちいただく可能性がございますのでご了承ください。

 

無料漢方相談はこちらから

 

相談担当のtwitterが出来ました!質問箱もありますので気軽に質問してね。

  • この記事を書いた人

クッキー先生

●開局40年、神皇漢方薬局の二代目相談担当 ●関西伝漢研理事長 本当に効果のある漢方薬の選び方やあなたに合わせた健康法をご提案できるように常に努力しております。

-漢方

© 2021 大阪で漢方なら神皇漢方薬局