漢方

風邪の予防について

今冬、風邪やインフルエンザのシーズンです。

 

風邪の予防に必要な事とは何でしょうか?

 

皆で勉強して風邪の対策を立てていきましょう。

 

風邪のうつる方法は3つパターンあります。

 

風邪がうつることを「感染」といいます。

 

感染とはどのような種類があるかご存じですか?

 

感染経路は大きく分けて「接触感染・飛沫感染・空気感染」三つに分けられます。

 

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

接触感染はウイルスを触って感染すること。

 

たとえばウイルスや細菌を持ったが皮膚や粘膜に触れることで起こる感染のことです。

 

それ以外にもドアノブとか調理器具を触っていたらそこから移ることもある場合があります。

 

流行性角結膜炎のアデノウイルスが有名ですね。

 

飛沫感染(ひまつかんせん)はくしゃみや咳で飛んできたものがうつる。

 

くしゃみや咳って涎や鼻水が飛んだりしますよね?

 

その時ウイルスや細菌も飛びます。

 

飛んだ細菌が手や口について感染することを飛沫感染と言います。

 

一般の風邪や、インフルエンザウイルスが有名です。

 

空気感染は空気を介してうつります。

 

空気感染は空気中に菌やウイルスが飛び、呼吸と共に感染します。

 

風邪がうつるのってこれじゃないの!?って良く思われているそうですが、風邪は先ほど説明した飛沫感染になります。

 

怖い怖い空気感染の例としては結核が有名ですね。

 

その他には血液感染や、経口感染はなどもありますが、一般的な風邪は上記の3点です。

 

感染経路の違いを聞いたけどイマイチわからない。

 

感染経路の話を聞いたけど、難しいっす…

 

結局感染経路に関しては

 

接触感染→めっちゃ近いとうつる

 

飛沫感染→ちょっと近いとうつる

 

空気感染→同じ部屋にいるとうつる

 

こんなイメージを持ってもらえるといいのではないかと思います。

 

今回は風邪の予防についてですので、飛沫感染で風邪をもらわない方法をお話します。

 

インフルエンザも新型コロナウイルスも飛沫感染、接触感染

 

2020年1月30日現在

 

新型コロナウイルスは空気感染ではなさそうというお話が出ています。

 

飛沫感染と同じような風邪予防をすることが大事です。

 

風邪の予防法

1.手洗い

 

うがいに関してはあまり効果はないというお話がありますが、手洗いについては予防効果があります。

 

何故なら飛沫感染はとんだウイルスや細菌が手について口に入ったら起こるわけですから、手洗いは重要です。

 

2.マスクをつける

 

マスクに関してはウイルスが線維の間を通過するから効果ない!という意見もありますが、全く効果がないというわけではありません。

 

マスクの一番の効果としては周りにうつさないようにするために使うものです。

 

なので、咳が出ている、くしゃみが出るなどあるならばエチケットの一つとしてマスクを着用するようにしましょう。

 

注意点としてはマスクは使い捨てにすること。

 

なぜなら使ったマスクの外側にはたくさんの最近やウイルスがついている可能性があります。

 

まず、マスクを取るときにもあまり布の部分を触れないようにして外してもらって、付け替えるのが大事と思ってください。

 

3.人が多いところを避ける。

 

当たり前の話になるのですが、人が多いとそれだけ感染する可能性が高いです。

 

人ごみや満員電車、エレベーター内など、人と人の距離が近いところに風邪になった人がいるとうつる可能性があります。

 

人混みが避けれるようならば避けましょう。

 

風邪では抗生物質は効果は薄い。

 

「先生に抗生物質を出してって言いました。」

 

私共のお店は調剤薬局でもあります。

 

このように風邪なので抗生物質を出して!とお医者さんにお願いして出してもらうということをする方がいるそうですが、あまり効果はないと思った方がいいです。

 

なぜなら、風邪のほとんどはウイルスです。

 

抗生物質って聞くと悪い奴を倒してくれそうだ!というイメージをされると思いますが、倒してくれるのは細菌です。

 

それより小さいウイルスについては効果はありませんので気を付けてください。

 

勿論インフルエンザの時に処方される、タミフル、リレンザ、イナビル、ゾフルーザなどについては「抗インフルエンザウイルス薬」なので効果があります。

 

なので、先生がこの人は細菌性の風邪だな…と思ったとき以外は無理にもらう必要はありません。

 

必要以上の抗生物質の使用は「薬剤耐性菌」の原因にもなります。

 

風邪の予防についてのまとめ

 

いかがでしたか?

 

意外と怖い風邪について感染経路からお話してみました。

 

予防に関してはどんなにしても、したりないぐらいです。

無料漢方相談はこちらから

 

神皇漢方薬局の漢方治療への3つのこだわり

 

漢方薬を飲んで健康になる。その為に三つの事を重要視しております。

 

①漢方薬・生薬の質を厳選しております。

 

漢方薬は何処で飲んでも同じか?という質問に私はNO!と答えます

 

何故なら元は自然に存在するものです。

 

ですから材料の質、と製法というものは漢方薬に影響を及ぼします。

 

あなたはカレーを食べる時にヒョロヒョロっとした人参やジャガイモが入ったカレーを食べたいですか?

 

どうせ食べるなら具が大きなカレーを食べたくないですか?

 

漢方薬も同じです。

 

材料の違いが味や風味の違いにつながっていきます。

 

生薬メーカーを厳選しておりますし、粉の漢方薬もメーカーによって違いがあります

 

粉薬においても効果の良い物をメインに取り扱っております

 

また同じ処方でも成分や製法の違いで合う人が変わってきます。

 

当店ではそのように使い分けるために同じ処方を採用している場合もあります。

 

それは一重に相談されたあなたの体質に一番合ったものを飲んでいただきたいと考えているからです。

 

②漢方薬について常に研鑽しております。

 

「漢方薬を飲んでも効かなかった」という経験はございませんか?

 

それは漢方薬が悪いのではなく、漢方薬を間違えているからです

 

「○○という病気にはこの漢方薬がいいよ!」というほど漢方薬は単純ではありません。

 

その為には研鑽するしかありません。

 

当店では得意分野に分かれてそれぞれの疾患について研鑽をしております。

 

③変えるべき生活習慣についてお話しております。

 

漢方薬を飲んで治った!さよなら!では結局また同じ事の繰り返しになる可能性があります。

 

ですから健康になるためのお手伝いとして、健康になるための生活習慣、養生方(ようじょうほう)についてのお話を必ずします

 

「○○を食べると今の体質に合っております。」とか「△△は控えたほうが宜しいです。」など食べ物に限らず運動の習慣などについてもお話しております。

 

生活習慣をガラッと変えるのは難しいので私たちはあなたの無理のない範囲でできる養生方をお伝えしております。

 

そうしてあなたと私たちが協力し合って健康にしていこうと考えております。

 

相談への流れ

 

当店は予約優先です。

 

風邪や急な腰痛などのパッと出た症状に関しては予約なしでも構いませんが、慢性的にお悩みな場合は予約をお願いしております。

 

予約なしで来られる場合はお待ちいただく可能性がございますのでご了承ください。

 

無料漢方相談はこちらから

 

相談担当のtwitterが出来ました!質問箱もありますので気軽に質問してね。

  • この記事を書いた人

クッキー先生

●開局40年、神皇漢方薬局の二代目相談担当 ●関西伝漢研理事長 本当に効果のある漢方薬の選び方やあなたに合わせた健康法をご提案できるように常に努力しております。

-漢方

© 2021 大阪で漢方なら神皇漢方薬局