漢方

漢方薬って飲み忘れるんだけど、どうしたらいい?

漢方薬を飲み忘れるんだけどどうしたらいい?

 

この記事を読めばきっと忘れない!…と思います。

こんな方におすすめ

  • 漢方薬を飲み忘れてしまう!
  • 飲み忘れた場合どうすればいいか知りたい!

 

 

 

基本的には食前又は食間。

 

漢方薬を飲む時用法としては食前又は食間です。

 

食前とはご飯を食べる30分前です。

 

食間はご飯を食べた後2時間後のことです。

 

食間を食べてる途中と思われる方もいらっしゃいますが、食事と食事の間、という事でおおよそ食べた後2時間後となっております。

 

ここで皆さん良くある失敗として多いのが飲み忘れです。何故でしょうか?

 

一番の理由は、目印がないから。

 

食後の薬は飲み忘れにくい場合が多いが、食前や食間は忘れやすい

 

食後とは食後30分のことです。

 

病院でもらえる普通の錠剤や粉薬は食後に飲むものが多いです。

 

食べた後飲むは忘れにくいんですよね。

 

「ご飯食べたし薬飲むか~」と、食べるタイミングが目印になるからです。

 

では、食べる30分前、食べた後2時間後はどうでしょうか?

 

「あ!飲むの忘れてた!」とご飯を食べてから飲んでいないことを思い出した。

 

「あ!忘れてた」2時間後に飲もうと思ったが気付けば時間が経っていた。

 

このような経験は漢方薬を飲んだことがある人には必ずしも経験があると思います。

 

目印があやふやだから忘れてしまうんです。

 

飲み忘れ対策として時間や毎日の習慣に絡める事

 

つい忘れてしまうというならば食事以外のものを目印にするとよいです。

 

時間が一番簡単です。

 

例えば1日3回飲むなら朝は9時、昼は3時、夜は10時、といった具合に時間を決めてしまいましょう。

 

お仕事や生活リズムなどを考えてご自身で考えましょう。

 

他にも毎日お出かけしたりする、仕事等をされている方は出かける時に飲む、帰ってから飲む、など。

 

習慣と絡めて行うのも方法としては良いでしょう。

 

食事で決めてしまうと目印があやふやになって結果忘れやすいので食事のタイミング以外を目印にしてみましょう。

 

一日の回数が少ないものを選ぶ

 

三回も空腹時だと忘れちゃう!そういう時は1日2回の漢方薬を探してみましょう

 

煎じ薬の場合ですと作った後は2~3回に分けて飲んでもらうので、調節しやすいですね。

 

病院でもらえる漢方薬ですとクラシエさんの漢方薬は1日2回と3回どちらもあります。

 

市販の粉薬の漢方薬でも1日2回の物もあります。

 

飲む回数が少ないと飲み忘れる頻度も減ります

 

いい手ですが、欠点としては市販の漢方薬で1日2回のものはあまり多くないというところです。

 

ご家族など第三者に管理をお願いする。

 

一番忘れないのは第三者に管理してもらう事です。

 

自分で忘れてしまうなら、ご家族さんや介護を受けてるならヘルパーさんなども良いでしょう。

 

ただ、欠点としては第三者が忘れてしまうと意味はないです。

 

ヘルパーさんなど、お仕事でされている場合は忘れる可能性は低いです。

 

ですが、ご家族さんだと「私のことではないので…」と忘れてしまう事があります。

 

一番良いのはご家族さんも漢方薬を飲む人の為にお手伝いしなきゃ!と思う心かもしれません。

 

ですが、それを強制するのは違うと思っています。

 

だから自分で出来るならで忘れないようにしましょう

 

一番良くないのは飲む時間がいつも違う時。

 

時間を決めたはいいが日によって飲むための目印を変えるのはよくないです。

 

毎日同じ時間に飲むようにすると習慣が付きます。

 

習慣になると忘れにくくなりますが、習慣になるまで目印をころころ変えていると習慣がつかず忘れやすくなります

 

目的はきっちりと飲むことです。

 

忘れず飲もうと思ったら習慣をつける必要があります。

 

習慣付くと飲まなきゃ!ってなります。

 

そうなると自然に忘れなくなりますよ。

 

万が一忘れた時は一度に2回分など飲まない事

 

とはいってもどれほど対策を考えても忘れてしまうのは人間なら当然です。

 

では忘れた時はどうしましょう?

 

忘れた事をいつ気付いたかがポイントです。

 

そして一番ダメなのは一回量以上を飲むことです。

 

例えばお昼の分を忘れたとしましょう。

 

夕方の分までに時間が十分ある時は飲んでください。

 

夕方の分を飲む時間が近い時はやめましょう。

 

近いと薬の濃度が普通にのむよりも多くなります。

 

漢方薬も薬です。

 

重ねて言いますが倍量を飲むのは基本的にはダメです。

 

(専門の先生が倍量を飲んでと言うならその指示に従ってください。)

 

まとめ

 

今回は何故飲み忘れるのか

 

そして、飲み忘れないようにするにはどうすればよいか

 

この二つをメインにお話しました。

 

今の不調が必ず治るような漢方薬があっても飲まなくては治りません

 

その為にはちゃんと飲むことを意識しましょう。

無料漢方相談はこちらから

 

神皇漢方薬局の漢方治療への3つのこだわり

 

漢方薬を飲んで健康になる。その為に三つの事を重要視しております。

 

①漢方薬・生薬の質を厳選しております。

 

漢方薬は何処で飲んでも同じか?という質問に私はNO!と答えます

 

何故なら元は自然に存在するものです。

 

ですから材料の質、と製法というものは漢方薬に影響を及ぼします。

 

あなたはカレーを食べる時にヒョロヒョロっとした人参やジャガイモが入ったカレーを食べたいですか?

 

どうせ食べるなら具が大きなカレーを食べたくないですか?

 

漢方薬も同じです。

 

材料の違いが味や風味の違いにつながっていきます。

 

生薬メーカーを厳選しておりますし、粉の漢方薬もメーカーによって違いがあります

 

粉薬においても効果の良い物をメインに取り扱っております

 

また同じ処方でも成分や製法の違いで合う人が変わってきます。

 

当店ではそのように使い分けるために同じ処方を採用している場合もあります。

 

それは一重に相談されたあなたの体質に一番合ったものを飲んでいただきたいと考えているからです。

 

②漢方薬について常に研鑽しております。

 

「漢方薬を飲んでも効かなかった」という経験はございませんか?

 

それは漢方薬が悪いのではなく、漢方薬を間違えているからです

 

「○○という病気にはこの漢方薬がいいよ!」というほど漢方薬は単純ではありません。

 

その為には研鑽するしかありません。

 

当店では得意分野に分かれてそれぞれの疾患について研鑽をしております。

 

③変えるべき生活習慣についてお話しております。

 

漢方薬を飲んで治った!さよなら!では結局また同じ事の繰り返しになる可能性があります。

 

ですから健康になるためのお手伝いとして、健康になるための生活習慣、養生方(ようじょうほう)についてのお話を必ずします

 

「○○を食べると今の体質に合っております。」とか「△△は控えたほうが宜しいです。」など食べ物に限らず運動の習慣などについてもお話しております。

 

生活習慣をガラッと変えるのは難しいので私たちはあなたの無理のない範囲でできる養生方をお伝えしております。

 

そうしてあなたと私たちが協力し合って健康にしていこうと考えております。

 

相談への流れ

 

当店は予約優先です。

 

風邪や急な腰痛などのパッと出た症状に関しては予約なしでも構いませんが、慢性的にお悩みな場合は予約をお願いしております。

 

予約なしで来られる場合はお待ちいただく可能性がございますのでご了承ください。

 

無料漢方相談はこちらから

 

相談担当のtwitterが出来ました!質問箱もありますので気軽に質問してね。

  • この記事を書いた人

クッキー先生

●開局40年、神皇漢方薬局の二代目相談担当 ●関西伝漢研理事長 本当に効果のある漢方薬の選び方やあなたに合わせた健康法をご提案できるように常に努力しております。

-漢方

© 2021 大阪で漢方なら神皇漢方薬局