眠りが浅い・寝付けない・眠れない辛い不眠症状に漢方が効く

寝付きが悪い・何度も目が覚める・眠れない「不眠症状」でも睡眠薬には頼ることに抵抗がある方は漢方という選択をしてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

睡眠状態チェックシート
睡眠状態チェックシート

 

 

 

 

睡眠の仕組み「起床・食事・就寝という生活習慣を規則正しく行う」こと、逆に不眠や睡眠障害は「生活習慣の規則性が乱れること」で起こります。

 

 

 

睡眠障害の種類「寝つきが悪い入眠障害・何度も目が覚める中途覚醒・寝たのに疲れが残る熟眠障害・思ったより早く目が覚める早朝覚醒」の4種類がある。

 

 

 

ではこれらの睡眠障害を引き起こす原因について見ていきましょう。

 

 

 

睡眠障害の原因①「生活習慣」生活の規則性が乱れると睡眠スケジュールが乱れる。例えば「規則正しく起床できない→目覚めの遅れ就寝時間の遅れ・規則正しく食事が摂れない→決まった時間に食事することが睡眠の規則性に繋がる」

 

 

 

睡眠障害の原因「覚醒因子」カフェインなどの覚醒を促す成分の摂取が概日リズムを乱す。また、PCスマホなどのブルーライト発光危機を夜間に使用すると覚醒してしまう。

 

 

 

睡眠障害の原因として「老化」もあり、加齢により血液循環が低下すると睡眠導入効率が下がる・高齢になると睡眠に必要なメラトニンの分泌量が下がる。

 

 

 

睡眠障害の原因「ストレス」ストレスの蓄積は睡眠の指示伝達を行う自律神経の失調を招く。さらに、ストレスから身を守る為にアドレナリンが分泌され覚醒してしまう。

 

 

 

恒常性の維持「ホメオスタシス機構が乱れると睡眠に影響が出る」

 

 

つまり、睡眠障害をお持ちの方は上記の様々な原因によって恒常性が正常に働かないので眠りに問題がしょうじているということです。

 

では睡眠障害を患ってしまうと身体にどのような影響が表れるのか見ていきましょう。

 

 

睡眠障害の影響「免疫の低下・ホルモン・代謝の低下」

 

 

 

睡眠障害の西洋医学的治療「薬物療法」

 

 

 

 

 

 

対処療法では一時的に眠る事ができるが、根本は身体の状態を見直し、生活習慣の改善や漢方で身体を整える

 

 

 

 

 

 

生活習慣の改善と

漢方で睡眠障害は優しく改善できる

生薬・漢方薬

 

 

 

漢方で血行不良をケアする事で深部体温低下を助け睡眠導入や睡眠状態をサポートできる・ストレスに関しては東洋医学のストレスを発散させる処方により覚醒原因の改善をサポートする。

 

 

大阪府泉佐野市に根を張る老舗漢方薬局「神皇漢方薬局」では

辛い不眠症状を漢方薬で優しく改善するお手伝いさせて頂きます。

 

 

 

優しい漢方薬であなたの睡眠のお手伝いをさせて頂きます

更に詳しく睡眠障害について知りたい方は下の記事をご参照ください。

 

 

営業時間中のご質問であれば、お電話でのお問い合わせが状況が伝わりやすく、お客様も当店も分かりやすいのでお勧めです。

ご質問ご相談は無料です。辛い症状に一人で悩まないでお気軽にお電話くださいませ。

 

 

お電話はこちらから

 

神皇漢方薬局では

お客様に対する有益な情報配信と、お気軽にご質問をお受けするために公式ラインアカウントを開設させて頂きました。

お悩みに対するご質問は無料ですので是非ご活用くださいませ。

公式ラインはこちらから

 

漢方相談予約フォームはこちら

    オンライン漢方相談予約はこちらから

    神皇漢方薬局は全国郵送可能です