子宮筋腫と不妊の関係

女性のお悩み 病気のお話

子宮筋腫と漢方

「お腹が痛い!めっちゃ痛い!血の量もすごい!」

「生理が近づくにつれて憂鬱…」

「子宮筋腫の手術を勧められた…」

子宮筋腫ってどんな病気??漢方で対策できないかな?そんなお話をします。

この記事のポイント

漢方治療の目的は”子宮筋腫が大きくなりやすい体質を変える”ことや”生理痛等、つらい症状を楽にする”事。

子宮筋腫によくつかわれるものは”駆瘀血剤”といわれる漢方薬が合う場合が多い

駆瘀血剤にも種類がありますのであなたの体質に合わせた漢方薬でないと意味がない

子宮筋腫とは子宮にできる良性の腫瘍です!

子宮筋腫とは子宮にできる良性の腫瘍の事です。

およそ30代~40代になると3人に1人は筋腫があると言われています。

できる場所によってさまざまな名前がついています。

筋層内筋腫(最も多い子宮筋腫)

漿膜下筋腫(子宮外にできる筋腫)

粘膜下筋腫(子宮内にできる筋腫)などと区別されています。

子宮筋腫があるとどのような症状が出るの??

子宮筋腫があると症状としては

〇月経時の血の量が多い

〇貧血のような症状が出る

〇生理痛がする

〇お腹の下のあたりが痛い

〇腰痛

〇お手洗いの回数が増えたり、我慢できなくなったりする

等が出てきます。

そのほかには不妊症に関係する場合もあります。

子宮筋腫と不妊の関係

子宮筋腫に対して一番早いのは手術でとることですが、当然デメリットもあります。

この記事を読まれているあなたは子宮筋腫を手術するかしないか悩んでおりませんか?

場所や状況にもよりますが、一番早いのは切る事です。

ですが、もともと子宮筋腫ができやすい体質というのは変わっていません

ということは子宮筋腫が再発することもありえます。

また、自分の体に切ったり、取ったりするということにも抵抗があると思います。

どんなことにもメリット・デメリットがあるわけですからそこを天秤にかけて考えてみてくださいね。

子宮筋腫を東洋医学的に考えると?

子宮筋腫ができやすい体質の方は「瘀血(おけつ)」という状態である場合が多いです。

ですから、瘀血除するとかいて「駆瘀血剤」と呼ばれる漢方薬をメインに考えて行います。

「駆瘀血剤」の例としては…

桂枝茯苓丸

桃核承気湯

などが有名なところです。

どの駆瘀血剤が合うのかは専門家に選んでもらうことがオススメ!

例えば

桂枝茯苓丸は「のぼせて足が冷える方に」

桃核承気湯は「のぼせてイライラして、やや便秘傾向の方へ」

並べてみるとイマイチパッとしないというか…

私も漢方を勉強する前は「この二つ何が違うんだろうなぁ??」って思っていたぐらいです。

おまけに"駆瘀血剤"は他にも折衝飲通導散芎帰調血飲第一加減など細かく見ていくときりがないです。

場合によっては上の漢方薬を組み合わせて使うこともあります。

ということは、漢方知識がないと自分の体質に合った漢方薬を選ぶのは難しいです。

ですので、漢方薬を試してみたいな~と思ってたら一度漢方に詳しいお医者さんや薬剤師さん等にご相談いただくのがベストだと思います。

子宮筋腫と漢方薬のまとめ

いかがでしたか?

1.子宮筋腫は東洋医学としては「瘀血」の場合が多い。

2.「瘀血」を解消しようとする場合は「駆瘀血剤」を使用する。

3.「駆瘀血剤」は種類がたくさんあるので専門家に相談する方が良い。

私自身は西洋医学、東洋医学どちらもメリットデメリットがあるわけですから、そこと自分の状態を考えて選んでもらえると良いのではないかなと思います。

子宮筋腫の治療でよくある質問

当店でよく質問される内容をいくつかご紹介いたします。

手術をすすめられたけどしたくないんです…

漢方相談に来られる方はそのようにおっしゃられる方が多いです。

手術はしていないが、漢方薬を飲むことで快適に過ごされている方もたくさんいます。

安心してご相談ください。

痛み止めを飲んでいるけど、漢方を始めるときはやめないといけないの??

漢方薬の最初の目的は生理痛の強さを減らしたり、出にくくしたり、子宮筋腫の進行を抑えることです。

漢方薬を飲み始めたときは今まで通りに痛み止めなどを使ってください。

痛み止めを飲む回数を減らしていけるように体質を変えていきましょう

不妊治療で子宮筋腫といわれましたが、筋腫があると授かりにくいのですか?

子宮筋腫が原因で不妊症になる場合もあります。

基本的には子宝相談、不妊治療は婦人科の延長上にあると当店では考えています。

激しい生理痛や月経過多、貧血気味などの症状を改善して妊娠しやすい体質にしていくことが大事です。

金額が気になります…

1日散剤300円~、煎じ薬500円~(どちらも税別)です。

(状況や使用する漢方薬、治療方針等で金額は前後します)

漢方を飲んでもらうときに一番大事にしてほしいことは継続することです。

ご予算が心配なときは遠慮なくおっしゃってください。

子宮筋腫の治療でよくある質問

当店でよく質問される内容をいくつかご紹介いたします。

手術をすすめられたけどしたくないんです…

漢方相談に来られる方はそのようにおっしゃられる方が多いです。

手術はしていないが、漢方薬を飲むことで快適に過ごされている方もたくさんいます。

安心してご相談ください。

痛み止めを飲んでいるけど、漢方を始めるときはやめないといけないの??

漢方薬の最初の目的は生理痛の強さを減らしたり、出にくくしたり、子宮筋腫の進行を抑えることです。

漢方薬を飲み始めたときは今まで通りに痛み止めなどを使ってください。

痛み止めを飲む回数を減らしていけるように体質を変えていきましょう

不妊治療で子宮筋腫といわれましたが、筋腫があると授かりにくいのですか?

子宮筋腫が原因で不妊症になる場合もあります。

基本的には子宝相談、不妊治療は婦人科の延長上にあると当店では考えています。

激しい生理痛や月経過多、貧血気味などの症状を改善して妊娠しやすい体質にしていくことが大事です。

金額が気になります…

1日散剤300円~、煎じ薬500円~(どちらも税別)です。

(状況や使用する漢方薬、治療方針等で金額は前後します)

漢方を飲んでもらうときに一番大事にしてほしいことは継続することです。

ご予算が心配なときは遠慮なくおっしゃってください。

[st-mybutton url="https://shinnou-kampo.com/counseling/faq/" title="その他よくある質問ははコチラ" rel="" fontawesome="" target="_blank" color="#fff"

無料漢方相談はこちらから

 

神皇漢方薬局の漢方治療への3つのこだわり

 

漢方薬を飲んで健康になる。その為に三つの事を重要視しております。

 

①漢方薬・生薬の質を厳選しております。

 

漢方薬は何処で飲んでも同じか?という質問に私はNO!と答えます

 

何故なら元は自然に存在するものです。

 

ですから材料の質、と製法というものは漢方薬に影響を及ぼします。

 

あなたはカレーを食べる時にヒョロヒョロっとした人参やジャガイモが入ったカレーを食べたいですか?

 

どうせ食べるなら具が大きなカレーを食べたくないですか?

 

漢方薬も同じです。

 

材料の違いが味や風味の違いにつながっていきます。

 

生薬メーカーを厳選しておりますし、粉の漢方薬もメーカーによって違いがあります

 

粉薬においても効果の良い物をメインに取り扱っております

 

また同じ処方でも成分や製法の違いで合う人が変わってきます。

 

当店ではそのように使い分けるために同じ処方を採用している場合もあります。

 

それは一重に相談されたあなたの体質に一番合ったものを飲んでいただきたいと考えているからです。

 

②漢方薬について常に研鑽しております。

 

「漢方薬を飲んでも効かなかった」という経験はございませんか?

 

それは漢方薬が悪いのではなく、漢方薬を間違えているからです

 

「○○という病気にはこの漢方薬がいいよ!」というほど漢方薬は単純ではありません。

 

その為には研鑽するしかありません。

 

当店では得意分野に分かれてそれぞれの疾患について研鑽をしております。

 

③変えるべき生活習慣についてお話しております。

 

漢方薬を飲んで治った!さよなら!では結局また同じ事の繰り返しになる可能性があります。

 

ですから健康になるためのお手伝いとして、健康になるための生活習慣、養生方(ようじょうほう)についてのお話を必ずします

 

「○○を食べると今の体質に合っております。」とか「△△は控えたほうが宜しいです。」など食べ物に限らず運動の習慣などについてもお話しております。

 

生活習慣をガラッと変えるのは難しいので私たちはあなたの無理のない範囲でできる養生方をお伝えしております。

 

そうしてあなたと私たちが協力し合って健康にしていこうと考えております。

 

相談への流れ

 

当店は予約優先です。

 

風邪や急な腰痛などのパッと出た症状に関しては予約なしでも構いませんが、慢性的にお悩みな場合は予約をお願いしております。

 

予約なしで来られる場合はお待ちいただく可能性がございますのでご了承ください。

 

無料漢方相談はこちらから

 

相談担当のtwitterが出来ました!質問箱もありますので気軽に質問してね。

  • この記事を書いた人

クッキー先生

●開局40年、神皇漢方薬局の二代目相談担当 ●関西伝漢研理事長 本当に効果のある漢方薬の選び方やあなたに合わせた健康法をご提案できるように常に努力しております。

-女性のお悩み, 病気のお話
-,

© 2021 大阪で漢方なら神皇漢方薬局