健康になろうね!

お客様の声 心の悩み

顔の痙攣が減ってお友達と話すことが気にならなくなりました。

本日は顔面神経のお客様のお話です。

 

手術しないと治らないといわれたときも漢方なら何か手立てがあるかもしれません。

 

60代女性

顔の左側が無意識に動く。特に緊張したり、人と話していると動く。相談中でも左目尻と左口角がくっつきそうなぐらい収縮していました。

病院の先生からは漢方薬を渡され「漢方薬を飲んで効かない場合は手術しかない」と言われていて何とか良い方法はないか?と言われ当店に来店されました。

 

動き方としても体の過緊張のような状態でもあると考え「精神的な緊張をほぐす漢方薬」をご提案いたしました。

 

1か月後 相談中にひきつる回数が減っているように感じる。ご本人様も回数が減ったと実感がある

 

4ヵ月後 日頃の生活上でひきつること自体が無くなった。症状が無くなったので漢方薬をここで終了しましょうとお話。

 

相談担当からコメント

漢方卒業まで行けてよかったです。

会うたびにひきつる回数が減っていくのが見えて私もうれしかったです。

 

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。

病気や健康でのお悩みを無料でお答え中

病気で悩みがあるけど、漢方相談にまで踏み切るのも…と言うあなたのために質問箱を設置しております。

答えるのは開局40年の漢方薬局で白斑の相談担当しています。

質問箱は無料で匿名でご利用いただけますので、是非ご利用くださいませ。

匿名で質問したい時はこちらから

オンライン漢方相談予約はこちらから

ひとりで悩まず、御相談ください。

漢方相談予約はこちらから

  • この記事を書いた人

クッキー先生

●開局40年、神皇漢方薬局の二代目相談担当 ●関西伝漢研理事長 本当に効果のある漢方薬の選び方やあなたに合わせた健康法をご提案できるように常に努力しております。

-お客様の声, 心の悩み

© 2022 あなたのお悩みに寄り添います。 神皇漢方薬局