坐骨神経痛

坐骨神経痛の漢方治療

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛様々な原因が圧迫さたり、刺激を受けることで痛みやしびれが起こります。その症状をまとめて「坐骨神経痛」と言われます。

主に中高年の方に多くみられ、お尻や太もも、ふくらはぎや足にかけて痺れるような痛みや鋭い痛みなどの症状が現れます。

 

正直なところ滅茶苦茶痛いですよね。

相談担当も昔は坐骨神経痛で悩んでいた時期があります。当時、漢方薬を飲んで痛みがなくなりました。

 

現在は漢方薬を飲んでいませんが、痛みもしびれもなく、元気に走り回ったりしています。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛とは病名ではなく症状です。

原因のご病気としては椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症が原因でご相談に来られる方も多いですが、他にも梨状筋症候群、仙腸関節炎などから坐骨神経痛の症状が出る方もいらっしゃいます。

上記のご病気から神経が圧迫された結果、下半身に痛みやしびれがでます

 

坐骨神経痛での漢方治療

坐骨神経痛の漢方治療は原因によって様々です。

坐骨神経痛の漢方治療の特徴としては漢方薬を飲んでいくうちにしびれや痛みがどんどん足先の方へ移動していく場合が多いです。

 

原因である脊椎や背骨に良い漢方薬や、激しい痛みやしびれに使う処方を使う場合もあります。

他には漢方理論的には駆瘀血剤という血の流れが悪い状態に使う漢方薬や利水剤という水の流れを調えて痛みやしびれを取るような漢方薬を使います。

体質に合わせた漢方薬を飲む事が一番の近道です。

 

神皇漢方薬局ではあなたに合わせた坐骨神経痛の処方をご提案します。

坐骨神経痛も漢方薬を飲んでもあまり痛みが…と言う方もいらっしゃいます。

先ほどもお話しましたら漢方薬には様々な処方が存在します。お悩みの症状に合わせた処方を飲んでいただくことが漢方治療をしていく上では重要です。

私どもはご相談者様それぞれに合わせた漢方薬をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

 

坐骨神経痛の改善症例

50代女性 病院に通って痛み止めを飲んでいるがあまり効果がないから何とかしてほしいと相談。

 

左足が特にしびれ、じっと座っていると痛いと言われました。

 

お話をお聞きし、血滞に合わせた処方をご提案したところ、1か月で10あった痛みが3になったと喜ばれました。

 

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。

ひとりで悩まず、御相談ください。

漢方相談予約はこちらから

© 2022 あなたのお悩みに寄り添います。 神皇漢方薬局