横になると咳が出る

漢方

布団で横になると咳が出る人は「麦門冬湯」を飲んでみて!

布団で横になると咳が出る…

 

一回咳をしはじめると止まらない…

 

そんな経験はありませんか?

 

そんなあなたへ「麦門冬湯」をオススメします!

 

なんで夜に咳が出るの?

 

夜に咳が出る原因は様々あります。

 

原因によっては使う漢方薬も全然違いますのであなたのタイプはどれか考えてみましょう♪

 

1.自律神経の乱れで起こる

 

自動で身体のバランスをっている神経、つまり自律神経に乱れが出ている場合咳が出ることがあります。

 

睡眠するときはリラックスするときに働く「副交感神経」が働きます。

 

副交感神経が働くと気管が少し細くなります。

 

気管が細くなった結果、咳や喘息の発作が出ることがあります。

 

2.布団のハウスダストが原因

 

ハウスダストやダニなどを吸い込んで咳が出てしまう場合があります。

 

羽毛布団なども関係していることもあります。

 

3.乾燥からくる場合

 

部屋が乾燥しているため、気管が乾燥して炎症を起こしている。

 

その結果咳が出る場合があります。

 

4.その他

 

その他にも逆流性食道炎や心臓のご病気があって咳が出たりと

 

元々のご病気があって咳が出ることもあります。

 

咳という症状だけでも原因は様々です。

 

麦門冬湯は肺が乾燥して咳がでる時に使う漢方薬です。

 

上のタイプで、特に乾燥しているときに咳が出る方に合う漢方薬が「麦門冬湯」です。

 

「麦門冬湯」が合うタイプの咳とは…

 

痰はあまり出ないまたは粘りが強い痰が出る

 

咳の音としては空咳、痰が絡まないような乾いた音がする。

 

痰を出そうとして咳が出る。

 

酷い場合は咳が止まらない、止まらなくて顔が赤くなる

 

などのような症状があれば「麦門冬湯」の出番かもしれません!

 

麦門冬湯ってどんな漢方薬??

 

「麦門冬湯」の中身について説明します。

 

「麦門冬(バクモンドウ)」

 

「半夏(ハンゲ)」

 

「人参(ニンジン)」

 

「甘草(カンゾウ)」

 

「粳米(コウベイ)」

 

「大棗(タイソウ)」

 

以上の6種類の生薬が含まれている漢方薬です。

 

特にキーとなるのが「麦門冬」「人参」ではないかと思います。

 

「麦門冬」「人参」が滋潤剤といって体に水分を保つように働きます。

 

乾燥しているときにはオススメな漢方薬ですね。

 

麦門冬湯を選ぶときの注意点!

 

漢方薬は中身の生薬の質で効果が全然違います。

 

「麦門冬湯」に関しては「人参」がどんな人参を使っているかで効果が違います。

 

オススメなのは「竹節人参(チクセツニンジン)」を使っている「麦門冬湯」です

 

当店ではお悩みに合わせて「麦門冬湯」を使い分けています。

 

こだわっている漢方薬局ならそのような話も当然できます。

 

もし今「麦門冬湯」をお飲みであれば「中身」について聞いてみてくださいね♪

 

他に咳に使う漢方薬ってあるの?

 

勿論ありますよ。

 

痰が透明でたくさん出る場合「半夏厚朴湯」「小青竜湯」

 

痰がたくさん出る場合は「五虎湯」

 

麦門冬湯みたいに空咳だけど喉がめっちゃ乾く場合は「竹葉石膏湯」

 

など、咳に使う漢方薬は沢山あります。

 

使い方を間違えると効果がない場合が多いので、漢方に詳しいお医者さんや薬剤師さん、登録販売者さんにご相談ください。

 

麦門冬湯を使うときのポイントまとめ

 

いかがでしたか?

 

1.空咳で痰が出にくい。

 

2.咳が一度出ると止まらない。

 

3.中身の生薬で効果が全然違う。特に竹節人参がオススメ。

 

上記3つを「麦門冬湯」を使うときは見てみましょう♪

 

当店でも肺疾患、咳を止めてほしいというご相談も多いです。

 

気軽にご相談くださいね。

無料漢方相談はこちらから

 

神皇漢方薬局の漢方治療への3つのこだわり

 

漢方薬を飲んで健康になる。その為に三つの事を重要視しております。

 

①漢方薬・生薬の質を厳選しております。

 

漢方薬は何処で飲んでも同じか?という質問に私はNO!と答えます

 

何故なら元は自然に存在するものです。

 

ですから材料の質、と製法というものは漢方薬に影響を及ぼします。

 

あなたはカレーを食べる時にヒョロヒョロっとした人参やジャガイモが入ったカレーを食べたいですか?

 

どうせ食べるなら具が大きなカレーを食べたくないですか?

 

漢方薬も同じです。

 

材料の違いが味や風味の違いにつながっていきます。

 

生薬メーカーを厳選しておりますし、粉の漢方薬もメーカーによって違いがあります

 

粉薬においても効果の良い物をメインに取り扱っております

 

また同じ処方でも成分や製法の違いで合う人が変わってきます。

 

当店ではそのように使い分けるために同じ処方を採用している場合もあります。

 

それは一重に相談されたあなたの体質に一番合ったものを飲んでいただきたいと考えているからです。

 

②漢方薬について常に研鑽しております。

 

「漢方薬を飲んでも効かなかった」という経験はございませんか?

 

それは漢方薬が悪いのではなく、漢方薬を間違えているからです

 

「○○という病気にはこの漢方薬がいいよ!」というほど漢方薬は単純ではありません。

 

その為には研鑽するしかありません。

 

当店では得意分野に分かれてそれぞれの疾患について研鑽をしております。

 

③変えるべき生活習慣についてお話しております。

 

漢方薬を飲んで治った!さよなら!では結局また同じ事の繰り返しになる可能性があります。

 

ですから健康になるためのお手伝いとして、健康になるための生活習慣、養生方(ようじょうほう)についてのお話を必ずします

 

「○○を食べると今の体質に合っております。」とか「△△は控えたほうが宜しいです。」など食べ物に限らず運動の習慣などについてもお話しております。

 

生活習慣をガラッと変えるのは難しいので私たちはあなたの無理のない範囲でできる養生方をお伝えしております。

 

そうしてあなたと私たちが協力し合って健康にしていこうと考えております。

 

相談への流れ

 

当店は予約優先です。

 

風邪や急な腰痛などのパッと出た症状に関しては予約なしでも構いませんが、慢性的にお悩みな場合は予約をお願いしております。

 

予約なしで来られる場合はお待ちいただく可能性がございますのでご了承ください。

 

無料漢方相談はこちらから

 

相談担当のtwitterが出来ました!質問箱もありますので気軽に質問してね。

  • この記事を書いた人

クッキー先生

●開局40年、神皇漢方薬局の二代目相談担当 ●関西伝漢研理事長 本当に効果のある漢方薬の選び方やあなたに合わせた健康法をご提案できるように常に努力しております。

-漢方

© 2021 大阪で漢方なら神皇漢方薬局