神皇漢方薬局流やせる極意とは!?

漢方 漢方の豆知識

防風通聖散はやせる?→それだけではやせません

やせたいなぁ!

 

そう思ってテレビを見ていると…

 

お腹の脂肪が消えているようなCMが!

 

気になる!調べたら「防風通聖散」って漢方薬らしい!

 

私も飲むぞーーーー!

 

…とそんなあなたに言いたい。

 

ちょっとまって!

 

本当に「防風通聖散」あうの!?

 

是非一緒に勉強してみましょう。

この記事はこんな方におすすめ

  • 防風通聖散を試そうか悩んでいる。
  • 防風通聖散で下痢になっている方。
  • 痩せるにはどうしたらいいか悩んでいる方。

 

防風通聖散とは「臓毒証体質」に使う漢方薬です。

 

「臓毒証体質」って名前だけ見ると物騒な名前ですね

 

「臓毒証体質」とは一貫堂医学という昔の日本の漢方の偉い先生が考えた体質分類の一つです。

 

(「一貫堂医学」につきましては機会があればお話しします。)

 

そんな「臓毒証体質」とは皮膚の色が黄白色で身体は丈夫で脂肪や筋肉が多い。

 

そのような体質の方を指します。

 

一言でいえば「メタボ」といわれる体をしていれば合うのかもしれませんね。

 

「え!という事はやせるんじゃなーい!やったー!」って思ったあなた。

 

ダメですよ。あなたはそもそもそんなに太ってないでしょう。

 

中身から何故あなたに合わないのか?をお答えします。

 

防風通聖散の中身の生薬から考えてみましょう。

 

当帰(トウキ)

 

芍薬(シャクヤク)

 

川芎(センキュウ)

 

山梔子(サンシシ)

 

連翹(レンギョウ)

 

薄荷(ハッカ)

 

生姜(ショウキョウ)

 

荊芥(ケイガイ)

 

防風(ボウフウ)

 

麻黄(マオウ)

 

大黄(ダイオウ)

 

芒硝(ボウショウ)

 

白朮(ビャクジュツ)

 

桔梗(キキョウ)

 

黄芩(オウゴン)

 

甘草(カンゾウ)

 

石膏(セッコウ)

 

滑石(カッセキ)

 

以上18種類の生薬が入っています。

 

すべて説明するのは難しいし、ややこしいので重要なのは…

 

「山梔子」「大黄」「芒硝」「黄芩」「石膏」「滑石」

 

それぞれ働きは違いますが全て体の熱を冷ます生薬と考えてもいいと思います。

 

又、「大黄」「芒硝」は瀉下といっていわゆる下剤のような働きがあります。

 

ということは…

 

体力があって、強めの熱があって便秘傾向の方が合う。

 

どの様な方かといいますと、

 

・おしっこの色が濃い。

 

・便秘傾向である。

 

・汗をかきにくい。

 

・舌に苔が多い。

 

などそのようなことがあれば体に体力がありそうだと考えます。

 

ちなみに痩せる漢方薬自体は存在するの??

 

太っている原因によりますが…

 

水太りの場合:「防已黄耆湯」

 

筋肉で太っている場合:「大柴胡湯」

 

太鼓腹のようなお腹だが少し水太りもありそうな場合:「防風通聖散」

 

このあたりが有名だと思います。

 

でも太り方だけで漢方薬を決めることはあまりなくて、からだ全体の体質や体調、お悩みについて考えてオススメしております。

 

当店の場合「この人なら必要だ!」と感じた場合にのみオススメしております。

 

防風通聖散の副作用は下痢が多い。

 

あまり副作用という名前では書きたくはないですが、防風通聖散で一番多いのは下痢と思います。

 

その理由はここまで読まれたあなたならご存じですよね?便秘を治す生薬である大黄が入っているからです。

 

便秘気味の方であれば問題ありませんが、普通の便通や、便が軟らかい、下痢傾向の方は飲まないでください。

 

入っている生薬から言うなれば胃もたれなどの胃腸症状や夜眠れなくなるような状態になる人もいますから何でもかんでも飲めばいいというものではありません。

 

また、防風通聖散は一部ではやせ薬として広告されていたり、インフルエンサーが紹介しています。

 

漢方薬だから副作用がない?そんなことはありえません。漢方薬も薬です。

 

漢方薬だから副作用がないって言っている人は基本的に信用しないようにしてください。

 

実際私が防風通聖散を飲んだ時のお話をします。

 

私が実際飲んだ結果痩せないどころか下利が止まらなくなりました。

 

「防風通聖散」が合う方のイメージとしては太鼓腹のようなお腹をしている場合が多いかなと思います。

 

内臓脂肪太りの方、つまり男性の方が合う場合は多いと思われます。

 

女性は皮下脂肪太りの場合が多いので違うものの方が合う…かも?

 

近年、痩せ薬のような販売の仕方をされていますが、体質に合わない人が飲むと間違いなく調子を崩します。

 

痩せていないから効果出るまで防風通聖散のもう!って思ってしまうと、もっと良くないです。

 

ちなみに私も体は丈夫な方でしたが、試しに自分で飲んでみました。

 

お腹が変やでトイレへ駆け込むしかし出ない。柔らかい物が出ているうちは良かったですがそれが続いていくと液体が出始めました。

 

そしてお腹もいたい…こんな感じで数日続けてみましたがギブアップ!やめて数日したら便通は戻りました。

 

例えば汗をかきやすい、おしっこの色が薄い、下痢気味である、冷え症がある。

 

そのような状態で「防風通聖散」は飲んでも体調を崩すだけですのでご注意ください。

 

じゃあどうすれば痩せるのさ!

 

当店でもダイエット相談を受けることがあります。

 

その時に必ずお聞きしているのは…

 

なぜ痩せたいと思いましたか?

 

思い出してみてください。

 

「医者に痩せろって言われたんだよな」

 

「もっときれいになりたい!」

 

「デブって言われて傷ついた!」

 

「不妊治療中に標準体重まで落としましょう。と言われた。」

 

色々あるかと思います。

 

そこからどのようにすると痩せるのか。

 

どうすれば夢を達成できるのか。

 

そこを考えてお話をしております。

 

ですが一貫して「健康にキレイに痩せましょう!」を一番に考えています。

 

ダイエットについて考えている場合もご相談くださいね。

 

漢方薬は健康のために飲もう!

 

漢方薬は健康になるために飲むものだと思っています。

 

体に合っているなら痩せる理由で飲むのもありだと思いますが、それで体調を崩しているようでは話になりませんよね。

 

「あなたが痩せようと思った理由は何ですか???」

 

是非教えてくださいね。

無料漢方相談はこちらから

 

神皇漢方薬局の漢方治療への3つのこだわり

 

漢方薬を飲んで健康になる。その為に三つの事を重要視しております。

 

①漢方薬・生薬の質を厳選しております。

 

漢方薬は何処で飲んでも同じか?という質問に私はNO!と答えます

 

何故なら元は自然に存在するものです。

 

ですから材料の質、と製法というものは漢方薬に影響を及ぼします。

 

あなたはカレーを食べる時にヒョロヒョロっとした人参やジャガイモが入ったカレーを食べたいですか?

 

どうせ食べるなら具が大きなカレーを食べたくないですか?

 

漢方薬も同じです。

 

材料の違いが味や風味の違いにつながっていきます。

 

生薬メーカーを厳選しておりますし、粉の漢方薬もメーカーによって違いがあります

 

粉薬においても効果の良い物をメインに取り扱っております

 

また同じ処方でも成分や製法の違いで合う人が変わってきます。

 

当店ではそのように使い分けるために同じ処方を採用している場合もあります。

 

それは一重に相談されたあなたの体質に一番合ったものを飲んでいただきたいと考えているからです。

 

②漢方薬について常に研鑽しております。

 

「漢方薬を飲んでも効かなかった」という経験はございませんか?

 

それは漢方薬が悪いのではなく、漢方薬を間違えているからです

 

「○○という病気にはこの漢方薬がいいよ!」というほど漢方薬は単純ではありません。

 

その為には研鑽するしかありません。

 

当店では得意分野に分かれてそれぞれの疾患について研鑽をしております。

 

③変えるべき生活習慣についてお話しております。

 

漢方薬を飲んで治った!さよなら!では結局また同じ事の繰り返しになる可能性があります。

 

ですから健康になるためのお手伝いとして、健康になるための生活習慣、養生方(ようじょうほう)についてのお話を必ずします

 

「○○を食べると今の体質に合っております。」とか「△△は控えたほうが宜しいです。」など食べ物に限らず運動の習慣などについてもお話しております。

 

生活習慣をガラッと変えるのは難しいので私たちはあなたの無理のない範囲でできる養生方をお伝えしております。

 

そうしてあなたと私たちが協力し合って健康にしていこうと考えております。

 

相談への流れ

 

当店は予約優先です。

 

風邪や急な腰痛などのパッと出た症状に関しては予約なしでも構いませんが、慢性的にお悩みな場合は予約をお願いしております。

 

予約なしで来られる場合はお待ちいただく可能性がございますのでご了承ください。

 

無料漢方相談はこちらから

 

相談担当のtwitterが出来ました!質問箱もありますので気軽に質問してね。

  • この記事を書いた人

クッキー先生

●開局40年、神皇漢方薬局の二代目相談担当 ●関西伝漢研理事長 本当に効果のある漢方薬の選び方やあなたに合わせた健康法をご提案できるように常に努力しております。

-漢方, 漢方の豆知識

© 2021 大阪で漢方なら神皇漢方薬局